マキシール LINKマキシール HOME
シール、ステッカー、カッティングシール等のシール作成から抜き加工まで 株式会社 マキシール にお任せください。マキシール 会社概要マキシール 機械設備マキシール 価格マキシール 注文までの流れマキシール お問い合わせ

 

 

ものが見える訳

3つの条件

 

1.物を照らすがあること
1.見える物体があること
1.物体を見るがあること

 (当たり前ですが … )

 

矢印 Back 

 

光は電磁波

光は電磁波です。電磁波は波を打ちながら進むエネルギーです。

その波の山と山の間の長さのことを波長といっています。

波長が380nm〜780nm(ナノメートル)までの範囲の電磁波だけが私たちの目に見えます。

見える光を可視光線といいます。私達は普通 と呼んでいます。

(光は波〜〜〜〜!?)

矢印 Back 

 

白色光の分光

 

太陽光をプリズムという分光器に通過させると虹のようなものが見えます。

太陽光などにはさまざまな色の光が含まれています。
そのいろいろな色の光を等分に含んでいると無色の光になります。

それを白色光とよんでいます。
また波長ごとに分けられた単一波長の光を単色光といいます。 (えぇ〜〜〜??)

 

矢印 Back 

 

物体色

色には二つの種類があります。

ひとつは光源色といって自ら光を発するテレビ画面などです。

もうひとつは物体色です。

物体色には物体表面の色(表面色)と、透明な物質を透過して見える色(透過色)とがあります。

(ぎょえ〜〜〜??)

 

矢印 Back 

 

選択吸収と選択反射

光が物体表面から中に侵入し、物体内で特定の波長の光が吸収された後、 吸収されなかった光は反射光として再び物体表面から外に出ます。 光が物体内で吸収されることを選択吸収といいます。

吸収されずに反射されることを選択反射といいます。

光は物にあたると反射して私たちの目に届きます。

これで初めてそのものを確認することができます。

太陽の光などの物を照らす光にはいろいろな色の光が含まれています。

  ringo

例えばリンゴがあります。
リンゴの表面では赤色の光以外のすべての光を選択吸収して、逆に赤色の光だけを選択反射させます。これによって私たちの目には赤色の光を見ることができ、リンゴは 赤色をしていると決めるわけです。

また透明なものを光が透過するとき、その物体内で特定の波長の光が 吸収され、吸収されなかった光が私たちの目に入り色の感覚を起こさせているのが透過色です。

(リンゴは赤に見えているだけ〜〜〜?!)

(色々難しいねっ!)

 

矢印 Back 

マキシール ラベル・ステッカー印刷 シール、ステッカー、カッティングシール等のシール作成から抜き加工まで 株式会社マキシールにお任せください。

ラベルdeブランディング